泡玉FEVER

すべてはうたかたのように。

Bohemian Rhapsody

2回目見た。

1回目はなんか感動で涙止まらず。

ひさびさに楽曲聞いたのとベスト盤がヘヴィーチューンだっただけで有名な曲も知らないの多々。Live Aid も詳しくは知らず。にも関わらず涙溢れた。

Freddieの死を知ったのは確かBurrn!誌の記事。

記事が気になったのは多分Queenのことは知っていて、白黒の記事ではあったもののそこからQueenを聞くようになったと思う。Best盤を聴けば、Bohemian Rhapsodyから始まり有名な楽曲が目白押し。CMやドラマの主題歌に多々採用され(Deep Purple同様に)、勿論キャッチーではあるからRockやHMよりは使いやすい。

当然伸びやかで綺麗なFreddieの声、楽曲がそれを許す訳なのだ。

映画に話を戻すが、2回目はさほどでも無く何故か涙も出てこない。2回目を見る前にLive Aidのフレディの映像を繰り返し見るだけで無く、映画との比較映像をYoutube でみたり、人物比較や、Queenの歴史なども復習して知識を増やした。なのにである。

その理由を考えるとある答えがわかった。

当然Live Aidの画像を見るとその映像の中のFreddieの動き、アクションが気になってくる。

その差はカメラ位置はあるもののほぼ完全コピーらしく、差は僅からしい。Live Aidを昔から知っているわけでないためこの差は気にならないが、

一番気になってしまったのは、残念ながら顔だ。顔がやはり違う。というより自分が求めているのはFreddie自身の映像であって映画や、代役での映像ではなかった。ここがギャップであり、それが気になると手足の長さの違いや、ストーリーの時間の前後関係の違いも気になり、何もかもが少しの違和感が連続してのめり込めない自分を作ってしまっていた。恐らく映画館へこのために足を運ぶことは時期的にももう無いがこの映画は作品として売上げがすごく良い作品であるのは間違いないが次は能動的に見ることはないであろうという自分が形成されてしまった。作品は作品でそれはそれなのだが、Liveを見たい自分が現れてしまい、そこに必要なのはFreddie本人であるのだ。

映画自体は二回目ということもあり、ウェインズワールドの人(マイクマイヤーズ?)がおもろいこと言ったりするのはgood jobだし(こんな歌を車で歌うやつなんているか!?のようなことを、あの映画の主人公が言ったよ)、ブライアンやジョンを詳しく知らないので役者はチョーソックりと思えたり、記者インタビューで愛人を入れ替わりしているのは?の質問にロジャーだろ?っておどけてみたりするのも面白かったり。なかなか見所が多いのも良いポイントである。

この映画が完成したのが今のLGBTへの理解がより深まった時代だからこそのヒットであり、ハットンや他のヒゲ同士のキスなんか抵抗ありありのはずであるが、皆そこには触れずに映画を絶賛するのだなぁというのも時代なのだということか。勿論Freddieの死因もBurrn!誌記事で知っていたし、Robも確かGayだし、他にもいるはずだけれど直接描画は抵抗だなぁ。

最後にまだヒゲがない頃の、年代的に1970年中盤までのFreddieが一瞬、Mickel Jacksonに見えてしまう不具合はいけなかったなぁと反省。

 

お口直しに本人映像リンク。

Freddieカッコいい。歌声も素晴らしい!

 

Live Aid- Queen- Full Set HQ - YouTube

Love of my life & Bohemian Rhapsody - 1080 HD - YouTube

二つ目はLove of My Life

映画中では曲ができてからMaryと分かれていたけどどちらが正解なの?

 

 

Miss Fredie

死を知ったのを覚えている。生前の彼を多分知っていたが楽曲は聞く機会がなかったように思う。

確かBurrn!誌で知ったから死の一カ月以降か

とても印象に残っているから名前は知っていたのだろう。多分その後東芝EMIのキャンペーンでCDを揃えてテレカをもらったのがこの前出てきた。ウェインズワールドも見た。ポールロジャースVoのコンサートにも行った。

しかしそれ以上ではなかった。

LiveAiDを初めてしっかり見たのは

Bohemian ラプソディーの映画を見た後であった。

映画に違和感を覚えたからだ。

がその半分は勘違いであった。かなり忠実に再現されていたのは評価に間違い無いようだ。

46年生まれは母と一つ違いか。

ロックシンガーであのハイトーンで伸びやかな歌声は素晴らしすぎる。惜しむべきはもっと早く生前を知っておくべきであったこと

 

LiveAiDの映像を繰り返し見たのでもう一度しっかり映画の再現を見に行こう!

Radio Ga Gaも大声で歌おう。涙なしに泣かずに見られるか

 

 

これからをどう生きるか含めて考えさせられた映画であった。RIP Fredie

f:id:takamano:20181202231439j:image
f:id:takamano:20181202231435j:image

YMY

Mailに不審な題のメールがきた。

THE ONE

「BABYMETAL新体制についてのお知らせ」

ピンと来てしまったが、もしかしたらよいお知らせかと思い、

サイトにアクセスするもそのお知らせの入り口がわからず、

Twitterに飛ぶと、いろんな人のTweetからリンクが・・・

そしてY!ニュースにもOriconNEWSからの転載が。

www.oricon.co.jp

 

 

ゆいちゃん、まじか!?ゆいちゃん。。。。悲痛

 

OriconNews魚拓リンクLink

 

Loudwireにも。

loudwire.com

最後で見たのは、SSAか、Zepp OSAKAか。Zeppではスタンディングの第1ブロックで人の頭の間から時々見えた女神の笑顔。

悲しすぎる。

 

そしてゆいちゃん公式サイト

artist.amuse.co.jp

ファンの皆様へ

全文抜粋

 ”

AMUSE ロゴファンの皆様へ

しばらく欠席が続き、沢山の方にご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
何度も考え直したのですが、私はこの度BABYMETALを辞めさせていただくことになりました。

この決断でメンバーやBABYMETALを支えてくださっている方々にご迷惑をかけてしまうこと、申し訳なく思っております。そして、BABYMETALを応援してくださっているファンの皆様、悲しませてしまって本当にごめんなさい。
もう1度ステージに立ちたいという強い思いもありましたが今も体調が万全ではないこと、そして以前からの私の夢、水野由結としての夢に向かって進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました。

BABYMETALとして、貴重な経験を沢山させていただき感謝しています。
私は恵まれているなと感じる日々でした。みんなで笑ってひとつになれたライブ、楽しくて幸せな時間でした。
またいつか水野由結として皆様にお会いできるように努力し邁進します。
8年間本当にありがとうございました。

水野 由結

Copyright © AMUSE INC. All Rights Reserved.

悲痛だ。。。。とまと🍅🍅🍅🍅しぬほどたべても死ねない・・・

Peyong 焼きそば

f:id:takamano:20180929135251j:image

 

ちょっと前にこれ食べた

 

いや、無理やり飲み込んだ?

 

噛むと激辛痛が口の中を襲う

 

もう少し前に大盛り食べたら食べきれなかった

 

ちょっと舐めてかかったので後悔

 

MAD MAX!

 

お題はペヨン?

日々雑感 2018.9.E

今年の夏は暑かった 熱かった?

 

熱狂ではなく 猛暑 酷暑

 

40℃越え?

 

次はなんて言葉?

 

盆明けくらいにエアコンなしで過ごせる日があるかと思ったら

 

また猛暑

 

そのあとは雨続き

 

f:id:takamano:20180929134239j:image

 

こんな天気の日より雨が多い

 

台風も当たり年?なのかな

 

さぁ、10月